真摯に相談に対応してくれる法務事務所を探す

貸金業者として営業をするためには、国や都道府県に登録をする必要がありますが、闇金融(闇金)は登録をせずに貸金業を行う、あるいは登録をしていても、法で定められた上限金利を超えた貸出金利を適用しています。また、人権を無視した悪質な取り立てなども大きな特徴です。

 

これらのことは、誰でも知っていることですが、それでも闇金に手を出してしまう方が少なくありません、違法な貸金業者は、自己破産手続きをした人や多重債務者をターゲットにダイレクトメールなどで借金の勧誘をします。多重債務者等のデータは、悪質な貸金業者間でやり取りがされていますので、被害者は繰り返し狙われる可能性があることを覚えておいてください。一度手を出すと、個人で問題解決をするのは困難です。

 

弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。
業者との間に弁護士・司法書士などの法律のプロが介入することで、相手の出方が豹変することもあります。違法行為をしていることを認識しているからではないでしょうか。弱い個人消費者に対しては強い態度で出るので、債務整理をすると決意した方は、強い意志を持つ必要があります。

 

闇金問題に強い司法書士と弁護士がいますので、どちらを選ぶべきかは一概には言えません。

 

経験豊富で真摯に相談に対応してくれる法務事務所を探すことが一番大切なことだと言えます。

更新日 2014年12月10日