高額であれば保証人も支払うことができない場合も

債務整理をおこなうことで借金がチャラになる、または支払う金額が少なくなるといった考えで手続きをおこなうと、後で痛い目にあうこともあります。債務整理において、ついつい自分のことばかり心配してしまいがちで、事前にするべきことを忘れてしまう方が多いように思います。

 

気をつけたいのは、借金の支払いが少なくなるといって借金がなくなるわけではないという点です。つまり、誰かがあなたの代わりに支払いケースもあるということです。それが保証人の問題です。借金を借り入れしたときのことを思い出してみてください。

 

誰かに保証人をお願いした記憶はありませんか。キャッシングのように保証人が必要ない借入もありますが、もし、保証人がいる借金の整理であれば、債務整理を行う前にきちんとその旨をその方に話しておく義務があります。

 

というのも、債務整理が執行されたとたん、支払いは保証人に移るからです。そして、ここでの一番の注意点は返済が分割ではなく、一括で請求されることです。そのため、小額であればいいのですが、高額であれば保証人も支払うことができない場合もあるのです。

 

そのため、債務整理をお願いする弁護士などにしっかりと保証人の有無についても相談して、十分な解決方法が大切になります。

借金の完済後でも債務整理で過払い金返還請求はできるのでしょうか

過去に借金返済を完済後も、過払い金返還請求をすることができます。過去に借金を完済していて今は借金がない方も、まだ借金は残っているけれどある業者に対する借金は完済しているという方も、過払い金が発生していれば利息が戻ってくる可能性があります。

 

完済したときの契約書や領収書などの書類を処分してしまって、関係する資料や書類が手元に残っていない方でも大丈夫です。完済した業者名が分かっていれば、その会社に対して取引履歴を開示するよう請求できるため、資料がない状態でも過払い請求は可能です。

 

また完済済みの場合、過払い金請求を行っても、信用情報には何ら影響がありません。

 

過払い金が戻ってくるかどうかは、消費者金融業者(カード会社)の種類、取引していた期間や時期、取引完了後10年以内であるか、で判断します。15?20%くらいの高い金利でキャッシングなどの借り入れをしていたが、完済したという方は過払い金が発生している可能性が高いです。数年前までは大手のクレジットカード会社でも利息制限法を超える高い金利で貸付けを行っていたので、心当たりのある方は一度専門家へ相談してみることをおすすめします。過払い金が発生している場合は請求して取り戻しましょう。

債務整理後の融資について

毎月の借金の返済が大変で法律事務所に借金相談をして、債務整理の方法をアドバイスしてもらい、実際に債務整理を始めました。そして債務整理が終わって債務が減額されて、毎月の返済額も減って、返済が楽になりました。

 

それで債務整理後の融資ですが、まず債務整理で減額された分は、カードローンなら返済した分をまた借りられる事はもうできなくなり、ただ減額された残高を返済していくだけになります。そして債務整理の対象とならなかった債務はカードローンなら普通にそのまま使えます。ただ借入限度額を増やすことは出来ません。

 

新たに借金をする場合は、債務整理をした時点で金融事故扱いでブラックになりますから、もうどこからも融資を受けることが出来ません。それで信用情報機関からブラックの記録が抹消されるまで、どこからも借りられないということです。ただある一定の期間が過ぎれば信用情報機関からブラックの記録は抹消されます。

 

その抹消される期間は債務整理をした債務が完済されて、貸金業者系の信用情報機関なら5年、銀行系なら10年はかかります。だからその期間の間は、どの金融機関も融資を申し込んだ時も、審査の時にブラックと判断されて落とされてしまいます。

借金返済トップページへ