明快な基準はありません

借金問題に悩む方の多くは、家族にも相談できずに一人で悩みを抱えておられます。周囲に知られたくないという気持ちが、返済のために新たな借金をするという悪循環に陥る原因になりますので、問題を解決したいのであれば、弁護士などの法律の専門家に間に入って債務整理をしてもらうことをおすすめします。

 

債務整理には、「任意整理」、「自己破産」、「民事再生」、「特定調停」という4つの方法があります。どの手続きを選ぶかは、相談者の個々の状況によって違ってきます。

 

例えば、現在の収入が無く、整理できる財産も持たない方は、返済は到底無理な状況にあると言えます。依頼者の方の希望にもよりますが、このようなケースでは「自己破産」という方法がとられることが多いようです。自己破産以外の手続きは、どれも今後の返済を続けていく方法です。「任意整理」は、法定利息内の金利に変更すれば将来の分割弁済が可能な場合で、財産の処分をしたくないなどの理由で自己破産を希望しないケースに適用されるます。

 

債務整理の問題は、相談者個々の事情が異なるため、どの手続きが適しているかの明快な基準はありません。弁護士と依頼者の話し合いでより良い解決策を模索することになります。