一括返済を行う場合もあります

弁護士を通じて債務整理を行う際にはいろいろな助言やアドバイスなどを受けながら行動していくことになります。その際の相談料については、民事再生などが終了した後に清算を行ってくれる人たちもいますので、あらかじめ話をしておくとよいと言えます。

 

債務整理で民事再生を依頼してその認可が裁判所から下りた後に、たとえば職を辞して退職金をもらってその退職金の中から一括返済を行う場合もあります。弁護士が代理で支払ってくれている場合にはこの方法はあらかじめ彼らとよく相談しておく必要がありますし、自分で返済をしていく場合には、各債権者にそのことを連絡をしておいた方が無難です。

 

彼ら債権者側も一気に返済されてくるとは通常考えていないので、なるべく早めに一括返済をする旨を通知しておくとその後の話がスムーズに行きます。

 

なお、弁護士が代理で振り込んでいってくれている場合には、一括返済をしてほしい旨をあらかじめ彼らに相談することが大切です。借金をしていたところが多ければ多いほど振込手数料も高額になりますので、その振込手数料を抑えるという意味でも早めの連絡で、本来であれば複数回に渡っての必要だった手数料が、不要となり振込手数料を抑えることができます。