デビットカードであれば作成できます

債務整理の相談先は弁護士か司法書士になりますが、司法書士の場合はその金額に上限が設けられているので、すべてを任せるということが難しい場合がありますので、最初から弁護士に依頼するほうが良い場合が多いと言えます。

 

債務整理の方法には自己破産、民事再生などがありますが、この債務整理を行った後にはいわゆるブラックリストに名前が載りますので、原則クレジットカードなどは作れません。ただし、デビッドカードのように、そのカードを使用した時に銀行口座から自動的に引き落とされるタイプのものは、クレジットカードとは言えないので作成することができます。

 

弁護士などに債務整理を依頼するときには借金先をすべて申告をする必要があります。この借金先とは、現金を借りているだけでなくその他クレジットカードの借り入れも含みますので、それらすべての借金について法的な整理により免責を裁判所から受けることができるように、依頼した法曹の専門家が行動していくことになります。

 

裁判所から免責の決定が下りた後は、その情報が信用情報会社に5年間は登録されます。その後はそのデータは削除されると言われていますが、7年間程度は作成を控えたほうが良いと言われています。