法律事務所はまず債務整理の定義や費用の面から丁寧に説明

近年においてはインターネットによる消費者金融の手続きが普及された事や、スマートフォンの利用料を払えなくなった等で自己破産などの債務整理の必要に迫られている人も多く、毎日日本各地の法律事務所に沢山の相談の電話が入ってきています。しかし債務整理の意味を知らずに問い合わせてくる人もかなりいますので、法律事務所はまず債務整理の定義や費用の面から丁寧に説明しないといけません。

 

そして相談の内容によって依頼を受ける必要が有る物と法律事務所が判断すれば、法律事務所に在籍している弁護士が依頼者に代わり債務整理の手続きを行う訳ですが、その為には依頼者との間で委任契約を交わす為に委任契約書を公正証書によって作成しないと弁護士と言えど依頼者の財産に手をつける事は法律で禁じられています。

 

それだけ委任契約書は重要な書類ですのでメモ書きでは効力は有りませんので、公正証書などの法的効力の有る書類で作成しないといけません。段取りは弁護士が全て行ってくれますが、依頼者が署名する項目も有りますので書類作成時には必ず同席しないといけません。債務整理はそれだけ複雑な手続きでも有りますので、依頼する時は相談内容に確実に対応してくれる法律事務所を選ぶ必要が有ります。