一時的に支払いができなくなる可能性

債務整理として任意整理を決定されたという方もおられるかもしれません。
債務整理は弁護士に相談することで進めていくことができますが、認められれば借金の減額や督促のストップを行うことができるようになります。
ここで一つ問題になるのは、任意整理が成立した後で支払いを延滞した場合です。

 

こうした場合はどうなるのでしょうか?

 

これは和解書の内容にもよりますが、一般的に任意整理の決定後に支払いの延滞があれば、その場合はただちに問題とはされません。
債務整理において返済を一生懸命に行うのは当然ですが、病気や怪我など万が一の理由で一時的に支払いができなくなる可能性があるからです。

 

ただし、延滞損害金などのペナルティが課されることはありますし、任意整理後の支払い遅延が何度も続くようなら、最終的に一括返済を求められることもあります。
この点はくれぐれも覚えておきましょう。

 

さて、こうした複雑な問題を手際よく処理するためには、相談を依頼する弁護士についても信頼できるところに依頼しなければなりません。
特に債務整理の分野を得意とする弁護士に依頼することは重要で、そうした法律事務所を探しておくことが求められます。

 

実績があり、料金体系が明瞭であることも良い法律事務所の条件です。