債務整理について

債務整理の相談は弁護士へ債務整理と一言で言ってもいくつか種類があり、種類ごとに内容は異なっています
そして、個人が置かれている状況などによっては選択する事が出来ないものや選択しないほうがいいものもあります。

 

 

 

債務整理の種類

 

任意整理

任意整理

債務整理の中で最も多くの人が選択しているものです。
業者と直接交渉を行い借金の減額返済方法等を有利な条件に変更してもらいます。
裁判所を通さないので自由度が高いというのがメリットですが、貸金業者側は交渉に必ず応じなくてはならないという事はありません

 

特定調停

特定調停借金を支払うことで経済的に破産する可能性がある場合に、簡易裁判所で借金減額や支払方法などについて貸金業者と交渉をします。
調停成立後に返済不能になったときは、給料等の差し押さえなどがされてしまうこともあります。

 

個人再生

個人再生再生計画案を地方裁判所に提出し、可決されれば借金の減額が可能です。
任意整理などと比べると書類が多かったり手続きが複雑だったりと、申し立てすること自体が大変なものでもあります。

 

 

 

 

 

自己破産

自己破産地方裁判所に破産申し立て行い、借金を完全にゼロにする事が出来ます。
しかし、価値のある財産は手放さなくてはならない上に、一部の職業につけなくなる資格制限というペナルティーが課せられてしまいます。

 

 

 

 

このように、債務整理にはさまざまあり、それぞれ自分一人で簡単に行えるというわけではありません。
弁護士に相談したり、サポートを依頼する事により、適切なものを選べたりスムーズに手続きを進行させる事が可能となったりします。
弁護士の中には、債務整理についての無料相談を受け付けているケースも少なくはないので、まずは疑問や不安を解消するという事が第一歩となります。

 

債務整理を弁護士に相談するメリット

債務整理には任意整理自己破産などいくつかの方法がありますが、弁護士に相談して代理人となってもらうといろんなメリットがあります。

 

手続きがスムーズに行える

手続きがスムーズに行える

債務整理法律上の手続きになりますので、専門的な知識がないと非常に難しい作業になると言えるでしょう。
弁護士に相談することで手続きも簡単に済ますことができ、負担が減ります。

 

 

貸金業者と直接話し合わなくて済む

貸金業者と直接話し合わなくて済む

任意整理や特定調停などは貸金業者と直接話し合わなければなりません
また、司法書士は借金の総額や過払い金が140万を超える案件は交渉権がなく、訴訟代理権も簡易裁判所しかありません
一方、弁護士はそのような制約がないため、どんな案件でも代理人となって交渉をしてくれるので、貸金業者と直接やりとりしなくても済みます。

 

取り立てがすぐに止まる

取り立てがすぐに止まる厳しい取り立て悩まされている場合は、弁護士に相談するとその対策も行ってくれます。
また、支払いの請求自体を止めることも可能となるため、精神的負担の軽減にも繋がります。

 

債務の負担を最大限に軽減できる

債務の負担を最大限に軽減できる

司法書士は借金の総額や過払い金が140万円を超える場合、交渉権や訴訟代理権がないので司法書士に依頼して140万円を超える過払い金が発生する場合は、弁護士に依頼し直すか140万円で手を打つかしなければなりません
つまり、司法書士にかかった費用に弁護士費用まで上乗せしなければならなくなるか、せっかくの過払い金を140万円以内にしなければならなくなるということです。
弁護士に依頼することによって最初から交渉などを有利に進めることができ、払いすぎた利息分を最大限に取り戻すことができるので、大きなメリットとなります。

 

 

債務整理の借金を弁護士に相談するににかかる費用

債務整理の借金を弁護士に相談するににかかる費用

債務整理弁護士に頼もうと考えた時に真っ先に気になるのがその費用だと思います。
依頼する事務所や弁護士によって費用や内訳は異なりますが、一般的には下記のような費用が必要になってきます。

 

着手金・・・依頼した時点で発生する費用です。
成功報酬・・・依頼内容が達成された際に発生する費用です。
減額報酬・・・借金減額に成功した場合、減額した分の約10%を報酬として支払う必要があります。
過払い金の返還を受けた場合に支払う費用・・・過払い金返還請求で返還金を受けた場合、その約20%を支払う必要があります。

 

債務整理に必要な費用

 

着手金

成功報酬

任意整理

(貸金業者1社あたり)

約20,000円

約20,000円

特定調停

約300,000円

約300,000円

個人再生

300,000〜400,000円

300,000〜400,000円

自己破産

200,000〜400,000円

200,000〜400,000円

その他にも、裁判所申し立て費用など、依頼内容によって発生する費用もあります。

 

債務整理に必要な費用

このように見てみると、借金の返済で苦しんでいる状態の方にとっては、弁護士に依頼するお金なんてない!と思うことでしょう。
しかし、実際のところ、債務整理に関しての費用は、ほとんどの法律事務所で分割払いが認められていますし、法テラス(国が設立した法律の総合案内所)に相談をすれば弁護士費用を立て替えてもらうことも可能となっています。
また法律事務所の中には、債務整理に関する相談は依頼をするしないに関わらず無料で受け付けているところもあります。
そうしたところに行けば、まず話を聞いてもらうことは出来ますし、依頼をした場合の料金に関する説明を受けることも出来るので安心といえるでしょう。

 

弁護士への債務整理の相談から解決までの流れ

弁護士債務整理を依頼しようと思った場合、どのような手順が必要なのでしょうか。
依頼するところによって細かい部分は違ってきますが、ここでは大まかな流れを紹介します。

 

問い合わせ

問い合わせ

まずはメールや電話で問い合わせを行います。
フリーダイヤル無料相談フォームが設けられているところが多く、気軽に相談できるようになっています。

 

相談

相談メールや電話で相談したのち、直接弁護士に会って詳細な部分まで相談することができます。
事務所によってさまざまですが、相談料が発生するところもあれば無料で対応してくれるところもあります。

 

依頼

依頼

正式に依頼することが決まれば、契約書委任状などを交わします。
この時点で、弁護士代理人として表に立つ準備をしてくれるので、その後の取り立てや返済がストップします。

 

交渉・裁判など

交渉・裁判など

内容は依頼人や依頼内容によってさまざまですが、債務整理の手続きなどを実際に弁護士が進めてくれます

 

 

 

債務整理の相談について弁護士に無料相談できる?

債務整理の相談について弁護士に無料相談できる?

債務整理の相談は、司法書士弁護士などの法律の専門家が受け付けています。
司法書士は相談の段階で報酬を得てはいけないという決まりがあるため、あらゆる相談が無料でできます。
しかし、弁護士に相談する場合は法律事務所によってさまざまで、初回30分程度無料相談を実施している事務所が多くあります。
また、債務整理の相談であれば何度でも無料で可能な事務所もあります。
法律事務所のホームページに詳細が記載されているので、弁護士債務整理の相談をしたい場合はインターネットで情報を調べてみることから始めましょう。
30分間だけの相談や相談のみでは、完全な解決までには至らないかもしれませんが、どのような解決方法があるのかを知るきっかけになります。

債務整理の相談するならココ!おすすめ法律事務所を紹介

 

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

豊富な知識経験を持ったスタッフが常駐しています。
闇金の取り立てでお悩みの方でも、アヴァンス法務事務所ならスピーディーに対応してくれます。
減額報酬や相談料が無料で、他の弁護士事務所よりも比較的費用を抑えることが可能です。

 

公式HP

 

相談料

受付 債務整理相談フリーダイヤル
無料 全国対応・年中無休 0120-645-062

 

 

弁護士法人・響(旧 F&S)

希望すれば家族や職場などに内緒で手続きしてくれます。
弁護士費用も、経済状況に合わせた支払い方法が可能で、依頼人に寄り添った対応をしてくれる事務所です。

 

 

 

公式HPはこちら

相談料 受付 電話相談フリーダイヤル
無料 24h受付・全国対応 0120-113-560

 

 

更新履歴