借金返済では連帯保証人にも悪影響を与えます

借金返済では債務整理の方法で自己破産を選ぶと、返済できない借金を帳消しにすることが可能です。
どれだけ多額の債務でも全て帳消しにできますから、一見すると大きなメリットがあると思うかもしれません。

 

しかし、自己破産には帳消しにできることと同じぐらい大きなデメリットがあるので、できるだけ避けなければいけません。
もし債務整理の方法で自己破産を選ぶときは、最後の砦だと思ってください。
大きなデメリットは、借金を帳消しにできる代わりに財産を差し押さえられることです。

 

マンションや一戸建てなどの不動産はもちろんのこと、20万円以上の価値がある自動車や株券などもなくなります。
さらに20万円以上の貯金もなくなりますし、99万円以上の現金を持つことはできません。

 

この方法で債務整理をすると、返済できない借金が帳消しになるだけではなく、身の回りにあるほとんどのものがなくなってしまうのです。
デメリットが及ぼす影響は、これだけではありません。
ブラックリストに名前が載るので、ローンやクレジットカードに申し込むことはできません。

 

借金返済ではさらに自分だけではなく、連帯保証人にも悪影響を与えます。
連帯保証人は借金の返済を迫られるので、他人を巻き込むことになるのが大きなデメリットといえるでしょう。

債務整理をするときの裁判の活用法について

さまざまな理由で借金を背負ってしまった人は多くいます。買い物依存症や頻繁に海外旅行に行く人、家計が苦しくつい利息の高い金融会社からお金を借りてしまった人など、本当にさまざまです。毎月の返済でこつこつお金を返すように努力をしていても、利息の返済にしかならないという場合も多く、強い苦しみや悩みを誰にも話せずに抱え込んでしまっている人も増えているのです。

 

そのようなときには、裁判所に手続きを申し立てることによって債務整理を行うことが可能なのです。特定調停という債務整理は、裁判所に仲介してもらうことによって、債権者である金融会社からの取立てや督促などの行為を全てストップすることができるのです。電話による督促や直接訪問しての督促など、あらゆるものから守られるため、肉体的にも精神的にも、重圧から解放されることが可能です。

 

1人で悩みを抱えていないで、借金返済を実現するためには、誰に相談すべきかということをまずは考える必要があります。身近な法律のスペシャリストである司法書士や弁護士などに相談することによって、必ず解決策を見つけることができますし、現在の状況から抜け出すこともできるのです。裁判所を活用することで、新たな道を見つけることが可能です。

借金返済トップページへ