借金返済を法曹の専門家に委任することを検討したほうが

借金の法的整理については、専門家である弁護士や司法書士などにその方法を相談することが賢明です。その額を減額して返済していく手段もありますので、個人で裁判所に申し立てをするよりは弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうが順調に処理が進んでいきますので無難です。

 

債務整理の方法によって裁判所への申立ての方法は異なっています。借金自体をすべてなくしてしまうけれども、住宅や自動車などの一定の資産も失ってしまう自己破産を始めとして、借金の総額自体を圧縮して5分の1にして毎月の返済を行っていくことで3年経過後には計画通りに返済ができていれば、残りの債務をすべてなしにするといった民事再生の手段もあります。

 

借金返済をこうした民事再生や自己破産のやり方は弁護士や司法書士などがよく知っているので、彼ら専門家に委任して裁判所に申し立てを行った方が諸事楽です。また、彼らが正式に受任をした場合には、その受任日以降の借金の取り立ても利息の計算も一旦すべてストップしますので、その間に準備を進めていくことができます。
関連:借金返済の相談をしてみよう

 

そういった意味でも取り立てが止まるという点で彼ら法曹の専門家に委任することを検討したほうが、依頼者側にとって楽であると言えます。

借金を払えないときの債務整理

借金が返済できないときは、弁護士に相談してください。
弁護士に相談をして債務整理をすることによって、払えない借金を返済できるようになります。

 

しかし、弁護士に相談をする前には、債務整理のことについて知っておくと良いでしょう。
知らなくても弁護士が丁寧に説明してくれますが、事前に知っておくとスムーズになります。

 

債務整理の方法とは、一つだけではありません。
一般的に、任意整理・民事再生・自己破産の3つの方法が用いられます。

 

任意整理は、債務者の代理人である弁護士と債権者が直接話し合い債務を減額します。
そのため、短期間で解決ができるので、素早く借金問題を解決することができるのです。

 

基本的に債務整理で使われるのは、素早く解決できるこの任意整理です。
民事再生は、裁判所で弁護士と債権者が話し合いをします。

 

両者の間に裁判所が入るので、解決するまでは民事再生よりも時間がかかります。
自己破産は、民事再生と同様に裁判所を通して話し合いをします。

 

最大のメリットは借金が全てなくなるので、今後は一切返済する必要がありません。
しかし、不動産や自動車などの財産を処分しなければいけないので、借金が少額の場合はあまり使われません。

債務整理は必ず裁判所を通すわけではない

毎月の借金返済が大変で、債務整理をすることにして法律事務所に相談をすることにしました。それで債務整理するのに裁判所を通さないで、借金を減らしたいと言ったら任意整理を勧めてもらいました。それで弁護士に相談をして任意整理を始めることにしました。

 

任意整理なら債権者と債務者が、あくまでも任意で話し合いをするということで、裁判所は全くかかわって来ません。そして債権者との交渉はすべて弁護士に一任しますと委任状を書いて、弁護士が着任通知を債権者側に郵送して債権者との交渉を始めました。そして交渉が始まれば交渉が終わるまでは返済がストップです。

 

ただ任意整理は債権者と債務者だけの問題ですから、法的拘束力は無く、債権者側が交渉を拒否すれば、債務整理の交渉は出来ません。そして債務の減額幅も法的効力が無いから、お互いの交渉力で決まります。それで交渉をしても思ったほど減額されない場合が有ります。

 

だから任意整理で減額出来る額で足りない場合は裁判所を通して債務を大幅に減額できる個人再生を選択しなければならない場合が有ります。個人再生を使えば債務をかなり減額出来ます。それが基本的に5分の1まで減額しますから、債務が多い人は個人再生を選択する必要が有ります。

借金返済トップページへ