任意整理とは借金の返済が苦しくなってしまった場合にさまざまな方法で返済をしやすくすることを任意整理といいます。この中に過払い金の請求や弁護士が貸金業者と交渉しより返済しやすい契約へもっていくなどといった方法があります。しかし、この任意整理と過払い請求は大きな違いがあり、任意整理の場合は信用記録に残ります。そうするとその後でローンを組もうと思っても審査に通りにくかったりといった事があります。過払い金請求にはこれが無いので、何の影響もありません。
過払い金とは、貸金業者に支払い過ぎたお金の事を言います。日本には利息制限法という法律がありこの金利は「15〜20%」です。しかし今までの貸金業者は出資法の上限である29.2%の金利をとっていたところもあるためその差額が過払い金となるわけです。過払い請求とはこの金額の返還をもとめることを言います。よって過払い金請求は実際にその金利を払っていた人しか請求することができません。
この過払い金請求は個人ですることもできますが、貸金業者も個人が相手だとなかなか相手にしてもらえず、還ってきて6割程度です。そのため、やはり専門の知識をもった弁護士さんに相談することをオススメします。