借金で苦しんでいる人の多くは、数多くのところから借金を繰り返し、その返済の総額が収入を上回ってしまっているために返済が苦しい、もしくは返済日が異なってしまっているために返済に日々追われてしまい、自転車操業の状態になっていることが多いものです。弁護士に任意整理の相談をする場合には、この事実を正確に伝える必要があります。
任意整理においては、弁護士は個々の債権者と個別に交渉し、月々の支払い額や支払い日について交渉することで、依頼者が毎月払える金額にすることが目的です。したがって、交渉をおこなうに当たっては、依頼者の給料日や収入額、生活費、その他必要な費用を差し引いて生活に支障のない金額をどのように債券者への返済に充てるのかを計算した上で交渉を行うのです。
そのため相談する際には、この情報を正確に申告しないと、本来任意整理で出来るものが個人再生にされたり、極端な場合は自己破産しかないと判断されたりすることもあります。
任意整理において最大の効果は、月々の支払いを見直して借金生活から抜け出せることにあります。弁護士に相談する際には自分の経済状態や借金の額、返済できる金額や方法などを出来るだけ正確に申告することで、良い方法を考えてくれるはずです。