毎月の借金の返済が大変で債務整理をすることにして、弁護士に相談をして任意整理をすることにしました。ただ住宅ローンは整理すると抵当権が付いているから、住宅を借金の支払いで競売にかけられるということから、整理の対象から外しました。そして弁護士は減額する債務を融資しているところに着任通知を郵送して、それが届けば任意整理の始まりです。

 

そして債権者側との交渉が終わり、予定通り債務が減額され、後は毎月減額された債務を減額された返済額で返済をしていきます。しかし一番融資額の大きい住宅ローンは手つかずで残っています。これを減らさないことには、毎月の返済の苦しさからは解放されません。

 

ただ任意整理をしようにも、住宅には抵当が付いていて抵当が付けてあるから、相手が減額交渉には応じません。払わなければ抵当権を行使されて、住宅は競売にかけられます。だからこの場合の債務問題の解決はただ一つ任意売却です。つまり競売にかけられる前に自分で住宅を売ることになります。

 

整理後の住宅ローンは、弁護士の力ではどうにもならなくて、借金問題から解放されるには、住宅を自分から売る任意売却しか方法が有りません。だから住宅を売りたくない人は、我慢して返済を続けなければなりません。