任意整理というのは、自己破産の前の団塊の手続きのことを言い、この制度が周知されるようになったことで自己破産を回避することができた多重債務者が急増しました。任意整理の手続を開始するにあたっては、まずは弁護士に相談することをおすすめします。自己破産の一歩手前のことであるので、ブラックリストには掲載されることとなり、任意整理中の借り入れはできません。この手続きに際しては、一旦返済を停止するように弁護士側が手続きを開始し、その上でどれくらい債務が残っているのかを整理します。よって、この手続を開始することで一旦利息の返済がストップすることになるので落ち着いて今後の返済計画を立てることができます。また、この手続期間中に過払いが存在することが発覚した場合、過払い請求を行った上で債務の相殺に当てることが出来るのが特徴です。完済後にはブラックリストから名前が消去された辞典からクレジットカードを作成することが出来るようになります。ブラックリストから消去されるまでには数念かかるので、手続き終了後すぐにとは行きませんが、完済すればいずれはブラックリストから名前が消えてクレジットカードを作ることが出来るようになります。