具体的な法律上の手続きに入る前に

現在多額の借金を抱えて苦しんでいるという人を救済するために、債務整理という手続きによってその負担を軽減するという道が残されています。ひとくちに債務整理といってもいくつかの方法にわかれており、大きくは任意整理、民事再生、自己破産という3つの方法があります。

 

クレジットやサラ金に手を出してしまい、そこから債務が積み重なって身動きができなくなってしまったといったような、いわゆる多重債務者については、まずは弁護士に相談して、「過払い金」がないかどうか、正しい債務の額を引き直し計算するところからはじめるのがよいでしょう。

 

「過払い金」というのは、消費者金融業者や信販会社などに返済し過ぎているお金のことをいい、なぜこのようなお金が発生するのかといえば、実は利息制限法という法律で定められた利息よりも高い金利で貸し付けをしていたためです。

 

こうした過払い金については、裁判によって業者側の敗訴が相次いでいることから、利息制限法の定める上限金利と、これまでに返済した金額と残っている借金の金額とを比較することで、大幅な債務軽減につながりますし、場合によっては借金の残高がゼロになったり、逆に返還請求をすることができることすらあります。

 

弁護士によっては返還請求の裁判など、具体的な法律上の手続きに入る前に、無料で任意整理の相談に応じ、こうした処方箋を示してくれるところもありますので、積極的に活用するとよいでしょう。