過払いなどを正しい金額に訂正した後に

任意整理とは、過去の取引を法律で定められている金利で計算しなおし、過払いなどを正しい金額に訂正した後に、改めて返済計画を立て直すという債務整理の方法です。裁判所を通さず、直接和解の交渉をするため、面倒な手続きが少なく、基本的に誰にも知られずに債務整理を行うことができる点もポイントです。
任意整理を行うと、利息の支払いがなくなるほか、毎月の支払金額を減らすことも可能です。支払期間もおよそ3年程度になるため、早期の借金完済が実現できるのです。
任意整理は、債権者と直接交渉することで和解する方法のため、弁護士や司法書士に依頼せずとも自分で交渉することももちろん可能です。

 

しかし、債権者側に有利な条件で和解させないためには、債権者の手を読む豊富な経験を兼ね備えた弁護士や司法書士に依頼するのが最もメリットが大きいと言えます。ベテランの場合、毎月の支払金額を減らすように債権者と上手く交渉をすすめ、結果的に月々の支払金額を減らせた、という実例も少なくありません。

 

任意整理を司法書士や弁護士に依頼する場合、債務整理の委任契約が必要です。あとは司法書士に任せておけばよいので、債務者への負担は一切ありません。また、依頼した司法書士などが各債権者に対して受任通知を発送し、これを債権者が受領すると、債権者からの督促がなくなり、精神的なストレスも軽減されます。

 

代行を依頼したいけど、相談をするお金が無いという人は、無料で利用が可能なサービスを利用すると良いでしょう。また、多くの法律事務所などでも、無料のメール相談や、無料カウンセリングを実施しています。一人で抱え込まず、このような機関で相談をするようにしましょう。