任意整理を弁護士に相談するには

任意整理を弁護士に相談するには、次の2つの点を心得ておかなければなりません。
一つは任意整理ついて自分でもよく理解しておくこと、もう一つはどんな弁護士に依頼するかという点です。
まず任意整理とは何かについてですが、これは、裁判所を通すことなく債務者と債権者が和解を進めていく方法のことです。
債務者とは借金をしている人のこと、債権者とはお金を貸した人のことですが、両者が法律に基づいて任意によって和解を進めていきます。
任意整理のメリットは、裁判所を通さない分、債務者の負担が軽くなることがあります。
また、資格制限がないこと、過払い金があればそれを回収してもらえることなどがあります。
一方デメリットは、5年程度はブラックリストに載ってしまうことです。
さて、どんな弁護士に依頼するかという問題も控えています。
これについては、債務整理に強いもしくは専門にしている法律事務所に依頼することです。
債務整理にもいろいろありますが、特に任意整理を得意分野にしている事務所であればより好都合です。
事務所に相談する場合は、こうした得意分野と不得意分野について、事務所ごとにリサーチしてみることです。
もちろん実績があって、料金体系が明確なことも大事です。

 

任意整理の借金弁護士に相談するメリット

任意整理,弁護士,相談

貸金業者から融資を受けたことで多くの借金を抱えてしまった場合には、債務整理という法律の手続きを行うことで借金問題を解決することができます。
任意整理とは債務を整理するための手段の1つで、法律の専門家である弁護士に相談することで、裁判所を経由せずに消費者金融業者などと交渉を行って、借り入れ契約を締結した開始の時点に遡ることで利息制限法に定められている上限金利まで利息を引き下げる再計算を行うことで、借金そのものの金額を減らすことが可能となります。
金利をカットして借金の元本について3年ほどで完済をする旨の和解を消費者金融業者と結ぶことで、それ以降は和解内容に沿って借金を返済していくことで債務を整理することができます。
弁護士の先生に相談することによって任意整理に必要な専門的な書類の作成を任せることができますし、貸金業者と直接交渉するには専門知識が必要になってきますので、その点を心配することなく依頼できる点もメリットと言えるでしょう。
任意整理は自己破産とは異なり、住宅や自動車などの財産を処分することなく借金の整理を行うことができますので、債務についての悩みの負担を軽くするだけで、その他は通常の日常生活を送ることができる点もメリットと言えます。

 

任意整理の借金を弁護士に相談するににかかる費用

消費者金融などの融資を行っている業者からお金を借り入れた場合に、返済することが不可能になって多重債務を抱えてしまう人もいらっしゃいます。
多額の債務を背負ったときに法律的な手段を用いて解決できる債務整理というものがあり、そのうちの1つに任意整理があります。
任意整理は弁護士の先生などに依頼を行うことで、専門家が代理人となり消費者金融業者などと和解を行うことで、払いすぎた上限金利を超えた部分をカットしたりなど返済が可能になる条件で新たに和解を行って契約を締結する手段のことを言います。
多くの弁護士事務所の相談料では、初期費用は無料で依頼の相談を受けているものが多くなっています。
その後の費用としましては基本的な成功報酬と、歩合制の成功報酬があります。
督促の停止や利息分のカット、過払い金の返還などを達成した場合には基本的な成功報酬を支払う形となり、借金の減額など依頼をした顧客が経済的な面で利益を受けた場合は、その金額に対して10%〜25%程度の歩合制の成功報酬を支払うものと考えて良いでしょう。
手続きにかかった税金や実費については別途費用がかかることになりますし、裁判所に手続きを行った場合には印紙代や切手代についても経費がかかります。
出張相談を行った場合は、弁護士事務所ごとにかかる経費が違ってきますので、その都度確認をしておくことが良いと言えるでしょう。

 

弁護士への任意整理の相談から解決までの流れ

借金の任意整理を行おうとする場合、まずは弁護士の事務所に問い合わせをして、面会の日時を定め、相談をするところから始まります。この相談は無料で行うところも多く、当日聞かれる内容としては、債権者の数や債務の総額、借金が積み重なった経緯、借金が家計に占める割合などとなります。任意整理はあくまでも交渉によって元金の完済を目指すもので、自己破産のように債務が免除になるものとは異なりますので、相談しだいでは任意整理以外の方法が提案されることもあります。
その後、弁護士の説明に納得できれば、契約をして債務整理を委任することになります。受任した弁護士事務所では、消費者金融などの債務者に受任通知を送付しますので、これ以降は借金の取り立てが本人に直接来ることはなく、すべて事務所を通じて行われることとなります。
次に、事務所から債権者に対して、これまでの借金の経過がわかる取引履歴を請求し、こうした資料によって、利息制限法に定める金利を超えて返済をしているなどのいわゆる過払いがないかどうかを精査し、債務の総額を確定します。
その後、本人との話し合いをしながら返済計画を立て、和解案を作成し、債務者との合意ができれば和解書を締結して、問題は晴れて解決に至るという流れになります。

 

任意整理の相談について弁護士に無料相談できる範囲とは

任意整理,弁護士,相談

弁護士に任意整理の相談をしようとする場合、気になるのがその料金はどれくらいかということです。一般的には1時間1万円程度というのが相場ですが、クレジットカードや消費者金融の利用による多重債務が社会問題化し、法律でも規制が強化されるに及んで、多くの弁護士会や個人の事務所では、多重債務に関連したものに限っては、無料で受け付けるというところが多くなっています。
この無料の範囲としては、破産、個人再生、任意整理、債務弁済交渉に関する相談全般についてというのが一般的です。任意整理は原則として借金の元本全額を支払うための債務者との交渉と、その後の債権者・債務者間の和解がメインで、破産や個人再生の場合には、法律上の手続きで借金の全部または一部の免除を受けることですので、内容としては異なることになりますが、実際の借金の状況を把握しない限りはどの方法で解決すべきかの選択が客観的にも難しいため、これらすべてを含むものとなります。
ただし、無料というのはあくまでも相談に限ったことですので、弁護士が実際に債務整理を受任して債務者との交渉に当たったり、破産や民事再生などの申立に着手した段階で、別途料金が発生することになります。

更新履歴