弁護士に相談をした時点で取り立てが止まること

債務整理のメリットは、借金の金額が減ることでしょう。
これまで苦しかった返済が楽になるので、これほど大きなメリットはありません。

 

しかし、この債務整理をすることによって減る金額は、債務整理の方法によって変わります。
一番金額が減る方法は、自己破産です。

 

自己破産の場合だと、金額が減るどころかゼロになります。
金額がゼロになるなら、債務整理では自己破産を選びたくなるかもしれません。

 

しかし、借金がゼロになる代わりに、自己破産の場合は一定金額以上の財産を処分する必要があります。
悪影響が大きいので、借金の金額がそれほど大きくない場合には、ほとんど使われません。

 

任意整理と民事再生の場合には、ゼロにはできませんが確実に減らすことが可能です。
しかしどれぐらい減らせるのかは、借金の状況によって変わります。

 

なので、一概にこれぐらい減らせると言い切ることはできません。
ですが、任意整理の場合には、約定利率が高いほど、取引期間が長いほど減額の幅は大きくなります。

 

減額以外のメリットとしては、弁護士に相談をした時点で取り立てが止まることです。
どの債務整理の方法を選んでも取り立ては止まるので、気持ち的にもかなり楽になるでしょう。

債務整理をしても保証人にとっては無関係

債務整理とはその名の通り、「債務」つまり借金の整理をする方法のことを総称していいます。債務整理には自己破産や個人再生、任意整理、特定調停などといった種類があります。この債務整理、実はお金を借りる時に保証人を立てている場合は要注意です。

 

借金の保証人は借りている本人が返せなかったら代わりに責任を負うという立場なのでこの債務整理をした場合も当然影響が出て来ます。

 

債務整理の中で自己破産と民事再生の場合は借主は「免責」と言う形になり、これによって借金をすべて整理することができますが、借金自体がなくなったのではないため、保証人は事故扱いとなり借金を負担することになってしまいます。

 

迷惑をかけたくない場合は「任意整理」や「特定調停」というものがあります。これらは返済は続きますが、返済額を減らせて、なおかつ迷惑をかけることはありません。

 

少しの金額で保証を立てているケースは少なく、ほとんどは高額の場合が多いです。何も考えず債務整理をしてしまうと、そのせいでその人の人生も台無しにしてしまいます。自分の事だけでなく保証してくれた人の事も考えて、弁護士さんに相談し、どうすれば一番よいか選択していくのが重要です。

債務整理したときの返済について

債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産などの方法があります。

 

任意整理とは、裁判所などの機関を通さずに、債務者と債権者の間で直接利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉して、借金額を減額するという方法です。任意整理をおこなうと、将来の利息が全面カットされるため、現実的な返済計画が立てられるのもポイントです。

 

ただし、この方法は借金の金額を減らすことが目的であるため、無理な計画を立てることはできません。そのため、任意整理が行える人には、3〜5年間、分割弁済できる安定した定期収入があること、という条件に当てはまることが原則とされています。正社員など雇用形態に関わらず、上記の条件に当てはまれば、アルバイトや年金受給者でも任意整理を行うことが可能なのです。もし条件にあてはまっていない場合は、自己破産を選択するのが無難でしょう。

 

自己破産は、任意整理や民事再生を行っても、返すことができないほどの借金を抱えている場合、地方裁判所に破産を申し立てることによって借金を帳消しにする債務整理の方法のひとつです。自己破産をする場合、一定の財産を手放すのと引き換えに、借金が帳消しになるため多重債務の苦しさから逃れることができます。

 

自己破産を弁護士事務所に依頼するとなると、お金がかかります。また、その費用は平均30万円前後と高額です。しかし、専門家に相談し、依頼することで必要書類の作成から裁判所への申し立てなどを全て任せることができるというメリットもあります。

借金返済トップページへ