借金返済で借金を減額してもらえるので、完済をしやすく

借金返済で消費者金融や銀行などのカードローンは、急にお金が必要になった時は大変便利ですが、計画的な利用をする必要があります。
限度額いっぱいまで、お金を借りてしまうと毎月の返済額が上がってきて、返済をするのが困難になってきます。

 

複数の貸し金業者でお金を借りてしまうと、金利が膨れ上がり、夜も眠れずに悩んでいる方が増えています。
そんな時は、信頼できる司法書士や弁護士に相談をするようにすると、借金返済の方法を提案してもらうことができます。

 

比較的債務が少ない場合は、任意整理の手続きをすることで、債権者からの取り立てをやめさせることができます。
お子様のおられるご家庭の方は、高校や大学に進学をする時に教育ローンを利用したいと考えている方が増えています。

 

奨学金は、借り入れの対象がお子様になっているので受けることができます。
教育ローンは、借り入れが親御さんが対象になっているため、任意整理などの債務整理の手続きをしている間は、利用ができないことが多いので、注意をするようにして下さい。

 

借金返済で借金問題で悩んでいる方は、債務整理をすることで、借金を減額してもらえるので、完済をしやすくなります。
1人で悩まずに相談をすることが大事です。

債務整理をしても家族や親族への影響はありません

一般に債権整理というと自己破産をイメージされる方も多いと思いますが、実は債務整理にはいくつかの方法があり、弁護士との相談の中で、どの方法が依頼者にとって利益があるかによって手続きが変わってきます。

 

債務整理の主な手続きには自己破産や任意整理などがあるのですが、家族や親族への影響があるかどうかで考えていくと、任意整理をすすめられることが多いと思います。自己破産は文字通り、自分の持っている財産をすべて放棄する手続きになりますので、借金返済ができないことが理由だとしても、たとえば持ち家に住んでいる場合、家は資産扱いになりますので当然ながら没収されてしまいます。

 

つまり自己破産によって、家族への影響がないとはいえないのです。そこで、弁護士から提案されるのが任意整理という手続きです。こちらは、自己破産とは違い、借金がなくなることはありません。

 

では、この手続きによって何かできるかというと、金利の支払い義務が免除されたり、借金の減額ができたりと、返済する借金を少なくすることができる手続きと言えます。この方法であれば、資産も取り上げられることもありませんし、借金の返済義務はなくならないにしても、現在の収入の範囲内で無理なく返していくことができるようになります。

住宅ローンの債務整理と任意売却について

住宅ローンの返済が大変で、さらに他の借金の支払いが溜まってきて住宅ローンの返済も続けられなくなってきて法律事務所に相談をすることにしました。そうしたら法律事務所の人は任意売却の解決策を勧めて来ました。任意売却とは、不動産会社の仲介で債権者と債務者の同意を得て抵当権の付いている住宅から抵当権を外して、市場価格で売却することを言います。

 

そして住宅の売却代金を全額借金の返済に回すのではなく、税金や不動産屋に払う手数料を引いてさらに引っ越し費用などもよけて、残りを借金返済に回します。そうして残債務を新しい住まいに住みながら返済をしていきます。そしてメリットとしては競売は誰が買うかわかりませんが、親親戚知人などに住宅を買ってもらって、ずっとそこに住むことが可能になります。

 

抵当権が付いている住宅ローンは、債権者に債務整理の交渉には応じてもらえず、法律事務所に債務整理の相談をしたとしても、借金問題を解決するには任意売却をするしか方法は無いです。他の債務を債務整理で減額出来て毎月の返済額が少なくなって、毎月返済していけるならともかく、住宅ローンだけで返済が無理ならば、住宅を売却するしか問題解決の方法は無いです。

住宅ローンを債務整理できるのか

住宅ローンというものは、一般的にはそれほど悪いイメージはありませんが、大きな視点で見てみると借金として捉えることができます。それはなぜかと言えば、銀行からの融資という形でお金を借りているからであり、それをいつかは返済しなくてはならないからです。それゆえに、住宅ローンも立派な借金として債務整理の対象となると考えて良いでしょう。

 

さて、そのような債務整理を行うような時には、誰かしら法律の知識を持っている人の力が必要になることが多々あります。そのような時に弁護士事務所へと相談にいくケースも十分にあり得るでしょう。しかし、何の知識も無いままに弁護士事務所へと行ってしまったのでは、自分の考えを伝えられないどころか適切なアドバイスを受けられない場合もあります。ですから、その行動を起こす前に確実な予備知識とポイントを押さえておくことが大切になってくるのです。

 

まずは住宅ローンが債務整理の対象になっているのかを確認するために、自分の入っているローンの種類を確認しておくこと、そしてできることであればメモ書きや必要資料を揃えてから相談に行くと良いでしょう。そうすることによって、確実な相談を行うことができるようになります。

借金返済トップページへ