借金返済の現在の借金返済を解消するという事だけではなく

借金返済が困難となった場合には、債務整理を行う事により解決する事が可能です。自己破産の場合であれば、借金をゼロにする事が出来るので、返済の苦しみをなくす事が可能です。ただし、自己破産を含めて債務整理を行った場合は、信用情報機関に記録されてしまうというデメリットも発生します。

 

信用情報機関には多数の金融業者が加盟しており、各社の返済履歴や利用残高等の個人情報が記録されています。信用情報機関は、加盟している金融業者からの照会に応じて記録している個人情報を提供するという事を業務としています。債務整理を行った事が信用情報機関に記録されている事は、ブラックリストに載っている状態と表現されています。

 

借金返済のブラックリストに載っているという事は、クレジットカードを利用できるだけの信用がないという事です。信用情報機関に加盟している金融業者の審査に通る事はありません。債務整理の方法によって記録されている期間には違いがあり、任意整理であれば5年間、自己破産の場合は最長で10年間となっています。

 

つまり、債務整理を行う場合は、現在の借金を解消するという事だけではなく将来の事も含めて考えなければならないという事になります。

債務整理をした後のクレジットカードの審査について

これ以上借金が返せない債務不能に陥った場合の解決策の一つとして、債務整理を進められることがあると思います。

 

今までの借金がなくなり、新しい人生をやり直していけるという点では非常にいい制度ではありますが、ここで注意しておきたいのが、それなりの社会的ペナルティも同時に発生することも知っておく必要があります。

 

とくにクレジットカードの新規発行においては、年単位で作ることができない場合が多いことから、これ以上借金を返済しなくてもいいといった安易な考えから債務整理をしてしまうと、のちのち日常生活の中で不便さを感じることが多くなってきます。一般には、債務整理から5年経過すれば新規のクレジットカードの発行は可能とされています。

 

しかし、これでは困ってしまう人も多いはずです。何か他に方法はないかと調べていくと、家族の名義でカードを作ることで、すぐにクレジットカードを手にする方法があります。

 

もちろん、家族名義であっても、審査に通らないこともありますが、今まで特に滞納などの問題がなければ作ることはできます。ただし、事前にしっかりと相談しておかなければ、家族と言えども金銭トラブルで仲違いすることもありますので、十分注意して発行することをおすすめします。

債務整理は借入の総額を計算することからスタート

自分では気づかぬうちに負担のある返済になってしまっていることがあります。どんなに節約して返済に回しても、追いつかない状態になってしまうと、生活も犠牲になったり仕事まで負担が生じてしまいます。そんな時に専門知識と、豊富な経験を持った専門家である弁護士に相談することが重要です。

 

そこから次の一歩が始まります。借金の問題について相談できるのは法律事務所が安心です。その時に、ただどうにかして欲しいと訴えるだけでなく、自分から状況を明らかにしてわかりやすくする努力も必要です。そのためには今抱えている借金の総額、返済状況、契約内容などを整理して計算することが重要です。

 

そのため、契約書などを手元に揃えておくなどの事前準備が必要です。その情報から、専門家が支払に対して最適な方法を導き出します。ですから、判断の材料がわからないと、相談しても答えが出ないなんてことにもなりかねません。

 

まず、正確な計算することで状況がハッキリして、債務整理するにもスピーディーに進めることができます。すると、ムダがなくなり、自分自身の苦しい状況の時間も少しでも縮めることができます。そのため、借入がどんな状況かを自分でも整理しておくことが最初にやるべきことなのです。

クレジットカードの場合でも債務整理が可能

多重債務者の自殺が大きな社会問題となったことを受けて、政府は貸金業法の改正をして、消費者金融などの貸出金利の上限を設定しました。これによって、現在は法で定められた上限を超える金利設定が出来なくなっています。

 

ただし、キャッシングの返済を継続している債務者あるいは、完済された方達の中には、払う必要の無い利息を支払っている場合があります。法律事務所などでは、これらの債務整理の相談に対応しています。

 

借金に苦しむ方がおられたら、債務整理が可能であるかどうか、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することをお勧めします。

 

また、借金とは別の話になりますが、本人にとって大きな金銭問題となるのがクレジットカードの支払です。クレジットカードは、商品を購入する際の決済方法として使用されるものですが、預金口座に残高がなくても買い物が出来るので、ついつい必要以上の買い物をしてしまう方がおられるようです。

 

また、クレジットカードはリボ払いを利用する方が多いのが特徴ですが、リボ払いは毎月の支払額は一定でも、それに伴う利息・手数料は継続的に発生します。返済しても返済しても支払が終わらないという悪循環に陥ります。

 

それに気づいたら、早急に法律事務所に相談してみてください。債務整理を行うと信用情報に影響しますので、一定期間カード利用やキャッシングが出来なくなりますが、今一度カードの利用方法について見直す良い機会だととらえてみてはいかがでしょうか。

借金返済トップページへ