借金返済について弁護士等の専門家への相談が有効

借金返済について個人向けのカードローン等の金融機関が提供している商品は、信用情報機関への照会が審査の中心です。特に重視されるのが、これまでの返済履歴であり、事故情報が記録されている場合は審査に通る事はありません。遅れることなく返済するというルールを守れなかったという事であり、信用取引を行うだけの状況にないと認識されてしまうからです。

 

借金返済を軽減するための方法である債務整理は、事故情報として信用情報機関に記録されてしまいます。つまり、個人情報に傷がついてしまうという事であり、記録されている間は加盟している金融業者からの新規借入は出来ません。記録されている期間は、債務整理の方法により異なっています。借金を完全にゼロにする方法である自己破産の場合は、最長で10年間は記録が削除される事はありません。

 

借金返済について信用情報機関に記録されている間は、ローンを組む事も出来なくなっています。債務整理を行う場合は、生じるデメリットについても認識しておく必要があります。現在の借金を改善するという事だけを念頭に置くのではなく、将来の展望を合わせた上での行動が求められています。自分にとって適切な債務整理を選択するためには、弁護士等の専門家への相談が有効です。

一番多く選ばれている債務整理方法は任意整理

借金の返済を相談にいきますと、いろいろな債務整理方法があることがわかります。それぞれの債務整理方法には違いがありますので、自分の状況によってどの債務整理方法がよいのかは、法律の専門家と相談して決めることになりますが、現在、一番多く選ばれている債務整理方法は任意整理です。

 

任意整理は、現在払っている借金の金利を見直し、法定内の正しい金利で借金を計算し直して、新たに返済していく方法です。グレーゾーン金利などのこともありますので、見直すことで借金の総額がかなり軽減される場合が多いです。

 

また任意整理を行う時には、同時に過払い請求を行うことが多いです。この過払い請求によっては、払い過ぎていた金利分を元金に当てることで、借金そのものが完済してしまえることもあります。

 

つまりもうとっくに払い終わっている借り入れ金を返し続けていたという場合もあるのです。またそれだけではなく、金利分がそれ以上ありますと、お金を返金してもらえる可能性もあります。

 

ですので、返済が苦しくてもとにかく借りたお金は返さなくてはと懸命に返している人も多いですが、法定金利を超えた金利で払い続けているという場合もありますので、一度専門家に相談してみることが大切です。

借金返済トップページへ